​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​コンタクトセンター コンプライアンス記録​​

​​コンプライアンスの維持​​​

近年、コンプライアンスに関わる様々な法令が登場し、企業の対応が迫られています。Dodd-Frank、SEC 17a-4、HIPAA、SOX、PCI-DSS、FSA、MIPPAなどは、そうした法令の一部です。しかしこれらは企業の日常業務に大きな影響を与えています。そのため、多くの企業は通話録音ツールを導入し、コンプライアンスの​順守を目指しています。さらに、そうした企業の多くは、通話録音ツールが、規制順守以外の目的にも効果を発揮することに気づいています。

コンプライアンスに関わる対話の録音

コンプライアンスの順守において、なぜ通話録音が重要なのでしょうか?まず初めに、それらの技術は、規制違反の問題が発生した時に、証拠として利用できる点が挙げられます。その他、エージェントや取引先に、適切な規制順守の手順を講じてもらうためにも活用できます。その他、通話録音の技術を、品質管理や対話分析と共に使用することで、サービスや業務プロセス、顧客態度の向上に必要なインサイトを提供できるようになります。NICE Engage Platformは、これらすべてに対応するだけでなく、様々な利点を利用者にご用意しています。

  • 規制要件の順守:全ての対話の記録や、対象を絞って対話を記録することができます
  • コスト削減:オープンアーキテクチャやVoIP 通話録音、仮想化、マルチサイト管理
  • 業務上のフレキシビリティ:テレフォニーベンダーやネットワーク環境、企業構造を仮想的にサポート
  • 他社では実現不可能な録音スケーラビリティ:一つの対話レコーダーにつき最大5000のチャネルに対応
  • 高い可用性:お客様のシステムが、自然災害が発生した場合でも継続的に対話の記録を行えることを保証します

あらゆる企業で、高い柔軟性と適応性を実現​

当社は、お客様により異なる、様々な業務上の要件に対応いたします。テレフォニーベンダーやネットワーク環境を仮想的にサポートするだけでなく、複数のサイトや支店、遠隔で勤める従業員など、あらゆる種類の企業構造を支援します。

信頼できる体験​

日々、数千社を超える企業が、NICEのサービスを利用して録音に関わるニーズを満たしています。当社はお客様の企業がコンプライアンスを継続的に順守し、より優れたビジネス結果を生み出せるよう、高信頼性と高効率の対話記録をご提供します。

コンプライアンスの順守と顧客対話から価値あるビジネス洞察を引き出す方法の詳細について、今すぐお問い合わせください​。​