​​​​​コンタクトセンターに関わるコンプライアンスソリューション​​

顧客と、あなた自身のビジネスを保護

複数のチャネルを通じて顧客との対話を行う際には、規制の順守は、重要かつ難しい課題です。また、大量の個人情報を扱うような企業は、コンプライアンスの順守に失敗すると、深刻な刑罰に処せられることになります。

コンタクトセンターでは、こうした問題が様々な状況で起こりえます。顧客が個人情報を企業に提供する機会は多いため、従業員は、より緊張感のある、動的な対話に対応する必要があります。そうした状況においてコンプライアンスを順守するには、リアルタイムに対話を監視し、分析し、ガイダンスを提供できる環境が求められます。同時に、全ての顧客との対話を記録・特定して、起こり得る規約違反に備える必要もあるのです。

数多くの顧客との対話から学んだ知識を活用することで、NICEは、お客様に対して、コンプライアンス違反に関わるリスクを最小限にとどめるサービスを提供いたします。

​プロアクティブなコンプライアンス
しかし、コンプライアンスを順守するプロセスは、複雑にならないようにすることが重要です。

当社のCompliance Adherenceソリューションはすべての顧客との対話を監視し、規制や方針違反が発生することを防ぐためのサポートを提供いたします。

  •  顧客のID認証
  •  必要に応じた情報公開
  •  データプライバシー
  •  スクリプト(script)の順守
  •  顧客との同意

何らかの矛盾が発生した場合 、その問題にリアルタイムかつ迅速に対応することが求められます。たとえば自動化した画面上でのガイダンスや、上司からの忠告(アラート)、あるいは対話内容の照合や分析などを、QA(品質保証)プロセスの一環として実施する必要があります。

プライアンスに関わる記録

コンタクトセンターでの対話かモバイル機器での対話かを問わず、すべての対話を記録します。

詳細​を​見る​