NICEのコンプライアンスセンターを活用してGDPR対応を容易に!

EUと日本のデータ保護規制により、個人データの円滑な相互移転が確立。日本においてもEU一般データ保護規制(GDPR)に対応したデータ保護のための体制整備が求められています。コンプライアンスセンターを活⽤することにより、ユーザは、GDPRに関連する活動に関する実⾏可

能な対応⽅法を知ることができ、規制の原則に従って業務を遂⾏できるように、事前の対応や修正のための⾏動を直接とることができま
す。

To download the brochure

SHARE Facebook Twitter LinkedIn Google+