GDPR コンプライアンス センター ソリューション


EU一般データ保護規制(GDPR)は、2018年5月25日に施行され、準拠していない企業組織は全世界年間売上高の4%、または2000万ユーロのいずれか大きい額を支払うこととなります。この規制の目的は、EU市民のデータとプライバシーを保護することです。 これにより、企業組織におけるお客様応対データの収集、保管、データ処理、プライバシーデザインなどのコンプライアンス対応プロセスに大きな変化がもたらされます。 また、日本とEUとの間で、日本においてもGDPRに基づいたEU市民の保護に関する合意が成されています。

コンプライアンスへの取り組みの最上段にプライバシーを

コンプライアンスセンターは、コンタクトセンターのためのユニークなエンドツーエンドのコンプライアンス ソリューションであり、データを可視化し、プライバシーに注目した気づきを提供し、ポリシーに即した作業や、サイロ化したデータ システムに跨る応対データやポリシーを効率的に管理します。 GDPRソリューションを使用すると、ユーザーはGDPRに関連する実践可能な気づきを得て、規制に則った運用を行うための予防措置や是正措置をとることが可能となります。

適正なコンプライアンス基準を維持

コンプライアンスセンターでは、“コンプライアンス アシュアランス”アプリケーションにより、データ収集および保存期間がデータ ガバナンス上、適正範囲内であることを複数のダッシュボードにより把握することが可能です。関連するデータの暗号化が正常であるか、異常操作の自動検出による、情報漏洩の予防、お客様の同意が記録され、検索可能であるか、さらに保管されたデータの量と品質の把握など、コンプライアンスセンターが一元化して提供します。

ミッションクリティカルな対応を確実かつ迅速に

集計するデータにしきい値を設定することで、特定のポリシーやグループ、キャンペーンにフォーカスして、個人情報への対応が適正であるか、脆弱性がないかを、効果的に監視して脆弱性を検出することができます。また、お客様からの要求に応じてお客様のデータ削除や、データの抽出も可能です。 “ポリシーマネージャー“アプリケーションにより、全ての保管ポリシーを一元管理と、保存しているデータへのミッションクリティカルな対応を包括的に実施することができます。違反の検出や特定の応対データの削除、抽出を、権限を与えられたユーザが直接実施することにより、対応時間を大幅に削減することが可能です。

細則にも忠実に対応

「忘れられる権利」に基づくお客様からの要求に応えるために、コンプライアンスセンターでは様々なお客様IDをそれぞれの応対データにタグ付けします。これによりIT部門や他社のエンジニアに依頼せずに、権限を持つユーザーによる削除や抽出が定められたワークフローにしたがって実行可能です。このようにポリシーへの厳格な遵守と迅速な対処を可能にすることで、企業のコンプライアンスにおける対応とリスクを最小化します。

市場をリードするNICE Engage Platformでは、エンドツーエンドのメディア暗号化アプローチにより、ライフサイクルのあらゆる段階(データの収集、使用、送信、保管)で情報を保護し続け、コンプライアンス センターにより暗号化状態の保証、および是正措置としての録音済みの応対データの暗号化が可能となります。

コンプライアンス センターは、GDPRのコンプライアンスや、コールセンターのすべてのステークホルダー(IT、エージェント、監査)のコンプライアンスニーズを満たす豊富な機能を、ひとつのソリューションとして提供し、追加費用不要で、“コンプライアンス by デザイン” に基づく運用を可能にします。

主な利点:

  • 個人情報保護の保証
  • 監査と透明性の向上
  • GDPR対応に必要な専用ワークフロー
  • DYIアプローチによるポリシー管理機能
  • IT部門に依存しない使い勝手

NICE製品が、どのように企業におけるGDPR対応を支援するかについて、詳細をご要望の方は今すぐお問い合わせください。

​​